サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

マンツーマンとゾーン

マンツーマンディフェンスは、相手の選手に1対1でマークする守り方です。攻撃してくる敵の選手全員をマークして、ボールを自由に扱うことを難しくさせるのが狙いです。しかし、マンツーマンでは常に敵の動きに対するリアクションという形になり、出足で遅れてしまいがちです。また、マンツーマンを忠実に行うと、敵がポジションを大きく変えた時に、こちらのディフェンスのポジションが大きく崩れてしまう危険があります。例えば、敵のフォワードが意図的に中盤まで下がった時にこちらのディフェンダーが付いて行ってしまうと、一番後ろにスペースをあけてしまいます。そこへ、敵のディフェンダーが走り込んで来たら、それをマークしなければならないのは味方のフォワードです。結果は目に見えています。

ゾーンディフェンスは相手の選手をマークするのでなく、スペースを埋める守り方です。しかし、だからと言って人に付かなくて良いというわけではありません。敵に自由にさせないことに変わりはありませんが、違いは自分の分担するゾーンでは敵に自由にさせないというところです。

自分の分担するゾーンで敵がボールを持っていたら、その選手に厳しくマークに行きます。ボールを持っている選手に対してはボールを奪うことよりも、パスコースやドリブルのコース、シュートコースを限定させることです。

細かな戦術の違いもいろいろありますが、敵のボール保持者に対しては二人三人で囲ってボールを奪いに行き、周囲の選手はその分ゾーンをボール方向にずらすことで積極的にボールを奪いに行くというやり方もあるというか、むしろそれが主流です。当然ボールから遠い選手に対してのマークは緩くなりますが、ボール保持者が厳しく囲まれていれば遠くの選手に正確なパスが通る確率も下がります。

パスコースが限定されれば、周囲のゾーンで守っている選手はパスコースを予測しやすくなるので、自分の分担するゾーンにいる敵がパスを受ける位置も予測しやすくなり、その位置を狙って厳しくディフェンスに行くことができます。自分のゾーンにいる敵の選手が変わっても、あるいは細かく動き回っても、パスが出て来そうな位置を把握していれば、いざそこにパスが出た時に素早く反応できます。理想はインターセプトですが、それが出来なくてもトラップ際でボールを奪うか、あるいはすぐにマークして自由にコントロール出来なくすれば上出来です。

当然ゾーンはボールの位置によって変わります。基本的にはボールに近い位置では選手間の距離を短くして一人が守るべきゾーンは狭くて済むように、一方ボールから遠い位置ではある程度広いゾーンを一人でカバーするようにします。また、敵の選手の位置によっても常に修正する必要があります。

要するに、マンツーマンディフェンスではボール保持者やパスの受け手などの「人」に意識が注がれる一方、ゾーンディフェンスでは人から人へボールが動いていくコース、場所に意識が注がれるという違いがあります。

inserted by FC2 system