サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

トラップその2

うまくトラップして次のプレーにつなげるためには、足先のボールコントロールの技術だけでなく、ポジショニングや、体の向きなどにも工夫が必要です。

まず、ポジショニングに関して言えば、スペースが広ければ広いほどボールを受けてから楽にコントロールすることができるので、広いスペースへ移動してそこでボールを受けるのが最も確実な方法です。特に後方でのパス回しの際は敵から距離を置いて広いスペースで確実にボールをコントロールすることが大事です。しかし、前へ行けば行くほどマークも厳しくなり、スペースもなくなるため、スペースのない状況でトラップをするための工夫が必要になります。

広いスペースでさらに確実に余裕を持ってパスを受けるためには、前を向いた状態でボールを受けるようにします。後ろを向いたままトラップしてから前を向いたのではその間に敵に詰められて次の展開が難しくなってしまうことがあります。

スペースのないところでボールを受ける時は、敵の選手から遠い方の足でトラップして、自分の体でブロックしてボールを奪われないようにします。パスが自分と敵の間に来てしまうようなときには自分の体を敵の方へ寄せて、自分の体を敵とボールが来るコースとの間に入れておいてから敵から遠い方の足でトラップできるようにします。

スペースのないところでは当然のことながら前を向いてトラップすることは難しい場合が多くなります。もし周囲に多少でもスペースがあれば、ファーストタッチでボールは止めずにそのスペースへ転がしておいてそこのスペースで前を向くようにしたり、あるいはそこからドリブルで相手のディフェンダーを振り切ることができればチャンスにつながります。ファーストタッチでスペースへ転がすようなトラップをするときには相手に悟られないように一旦反対方向へ体を向けるなどのフェイクを入れたりする工夫をすると良いかもしれません。

周囲にも全くスペースがないときには足元にしっかりボールを止めておいてから、パスコースあるいはドリブルのコースを探ります。足元にしっかり止めるには足の裏でのトラップが最も確実ですが、足の裏で止めるためにはパスがしっかりと足元に来る必要があります。パスが横へそれてしまうと足の裏ではとめにくくなってしまうので、やはり狭いスペースでは左右どちらの足で止めるかまで考えるぐらいの正確なパスが必要です。

inserted by FC2 system