サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
守→攻の切り替え
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

トラップ

トラップの技術については多くの本に書かれていると思いますが、その技術だけでは実際の試合の中でうまく行かないという経験もあるかと思います。

練習ではうまくトラップできるのにゲームではうまく行かない理由として、

1)トラップする前にボールをカットされてしまう
2)トラップしたボールをすぐに取られてしまう
3)トラップした後次のプレーにつなげられない

というような状況があるかと思います。要するに厳しいマークに対応できないということです。

解決方法を思いつくまま列挙してみます。

1)ボールをもらう前にボールの反対側を見る
反対側を見ることで自分に対するマークはほぼ確認できます。また逆サイドへ展開できるかどうか見極めることができます。

2)後方から受けるパスの場合はボールへ向かいながら受ける
それによって背後から来るディフェンダーにカットされることを防ぎます。逆にバックパスを受けるときはボールへ向かっては行きません。ボールへ向かって行ってしまうとカットされたときに置き去りにされてしまうからです。

3)ボールが来る方向と反対側の足でトラップする
必然的にインサイドでトラップすることになります。アウトサイドでトラップするとボールをさらすことになり、カットされやすくなります。アウトサイドでのトラップはラストパスを受ける時やスペースへ走りこんで受ける時など、限られた状況のみにするべきです。

4)腕をあげてディフェンダーをブロックしながらトラップする

5)広いスペースへ向かうようにトラップする

6)トラップすると同時にボールを持っていく方向に体を動かす
どんなに速い選手に対してでも動き出しを早くすれば優位に立てます。ただし、あまり速く動き出してしまうと読まれてしまうので、まず反対側へ動いたり、顔を一瞬反対側へ向けてから動き出すなどのフェイントを入れるとより効果的です。

7)ボールが体の真下、左右の足の間に来るようにトラップする
とくに狭い地域でボールを受ける時、まず股下にボールを落ち着かせるのも一つの方法です。ボールが股下にあるとルックアップは難しいですが、キープはしやすくなります。

8)キックフェイントを入れてからトラップする

inserted by FC2 system