サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
守→攻の切り替え
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

サイド攻撃とディフェンス2

両サイドとも大きく開いて、なおかつカウンターのリスクを回避するには、一つには両サイドともボールより後ろに位置して、サイドにボールが出るタイミングを見計らって前へ出るのがよいでしょう。どちらかのサイドにボールが出れば、反対サイドは中へ絞り込むようにします。

あるいはどちらかのサイドがボールより上がった時は反対サイドはボールよりも下がって位置するようにします。両サイドともボールの真横に位置するのは好ましくありません。中から真横にいるサイドの選手へ真横に向かって出されたパスがカットされるとパスの出し手も受け手も取り残されてしまうからです。反対サイドの選手がディフェンスのサポートに回ることもできなくなります。

サイドのポジションだけでなく、後方のディフェンス陣のポジションも大切です。ボールを奪われた直後にただちにチェックに行けるよう、ディフェンスラインを充分に押し上げておくことが大切です。特にクロスが入った後のボールの行方には充分注意する必要があります。このボールをクリアされた後、次に味方が拾うか敵につなげられるかでその後の展開が大きく異なって来ます。

攻守のバランスから考えると深い位置からのセンタリングよりも下がった位置からアーリークロスを入れる方がリスクは少ないです。確かに深い位置からのマイナス気味のクロスボールの方が中で待っている選手は合わせやすいかと思います。またディフェンスから見ても深い位置からのセンタリングの方がボールとマークする選手の両方を視界に入れることが難しいため守りにくいと言えます。しかしディフェンスにとって必ずしもアーリークロスが守りやすいとは限りません。ゴール方向へ曲がって入ってくるクロスボールは処理を誤るとそのままゴールに入る可能性もあります。また反対にゴールから離れるように横方向へ曲がって行くボールの場合は、ディフェンダーには触ることができず、そのファーサイドにいるフォワードにちょうどタイミングが合うようなボールが入るとこれもディフェンダーにとっては処理が難しいです。

inserted by FC2 system