サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
攻守の切り替え
守→攻の切り替え
守→攻の切り替え その2
攻→守の切り替え
攻守の切り替わり
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
3人目の動き
3人目の動き その2
3人目の動き その3
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

守→攻の切り替え その2

守りから攻めへの早い切り替えを意識せずにプレーしていると、ゲームの流れの中で敵からボールを奪った瞬間には、ボール周囲の味方の選手はほぼ全員ディフェンスに集中しているので、きっちりとマークについていることが多く、楽にパスを受けることの出来るフリーの選手を見つける事は難しいです。そうなると、せっかくボールを奪ってもパスの出しどころがなく、またボールを奪い返されるか、あるいは苦し紛れに前へ蹴りだして、結局パスがつながらずに再び攻め込まれるという悪循環に陥ります。

守りから攻めへの切り替えを早くするためには、ボールを奪った瞬間にボールの周囲の選手が素早くスペースへ動いてフリーになってパスをもらえるようにするというのも一つの考え方ですが、切り替わってから動いていたのでは相手も攻守を切り替えて上手く対応されてしまう可能性が高く、そのディフェンスを振り切ってフリーになるために多くの運動量を強いられてしまう可能性があります。この場合も攻めから守りへの切り替えと同様に、守りの段階から常にボールを奪った時の事を想定しておくことが大事です。

攻めから守りへの切り替えの時にはボールを保持した選手の後方で、バックパスを受けられると同時にボールが奪われたときにすぐに取り返しに行ける選手がサポートする必要がありますが、守りから攻めへの切り替えのときも、ボールを奪いに行っている選手がボールを奪うことを常に想定してパスを受けられる位置に選手を一人置くことで、ボールを奪った瞬間にその選手へパスを出せば、その間に他の選手もパスコースへ動いてパスを繋げることが出来ます。

inserted by FC2 system