サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
守→攻の切り替え
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

プレッシング その2

しかし、裏を返せば、前でボールを奪っても引いたところからカウンターを仕掛ける時のようには大きなスペースがなくなるということになるため、攻撃の有効性については後方からのカウンターと比べてどちらが優れているとも言い切れないところです。スピードがあって推進力のある選手がフォワードにいれば後方からのカウンターが有効でしょうし、狭いスペースを人数をかけてすり抜けるのが得意なチームであれば、プレッシングが有効でしょう。

また、プレッシングでは、ディフェンスラインを極端に押し上げるためにディフェンスラインの後方に大きなスペースができてしまうというデメリットがあります。そのため、プレッシングでボールを奪った後の攻撃が中途半端になってしまうとカウンターを簡単に仕掛けられてしまうという危険があります。

そのため、プレッシングを生かすためには、ボールを奪った後の攻撃はなるべくシンプルに、必ずシュートで終わらせるようにする方が危険は少ないです。

あるいは、プレッシングでボールを奪った後に、ボールを保持してゆっくり攻めるという考え方もありますが、それでは前方でボールを奪うメリットが生かされません。極端に押し上げてディフェンスを行う方法はディフェンス面だけで考えると決して最も効果的な方法とは言えません。あくまで攻撃を有効にするための方策です。

この2種類の戦い方を攻撃のゾーン(赤)と守備のゾーン(青)に分けて模式的に表すと次の図のようになります。

カウンターサッカーでは攻撃のゾーンと守備のゾーンは分かれていてなおかつ守備陣が下がっているため攻撃陣がカバーするゾーンが広くなっているのに対し、プレッシングサッカーにおいては攻撃と守備が同じコンパクトなゾーンの中で行われています。

inserted by FC2 system