サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
守→攻の切り替え
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

プレッシング

古典的なカウンターは、敵に攻め込ませて敵の後方に大きなスペースが空いたところを利用して攻め返すという方法です。サッカーで最も得点の可能性が高いのは敵からボールを奪った直後と言われています。どんなに攻守のバランスをうまく保とうとしても、ボールを奪われた瞬間に最もディフェンスが甘くなり、加えて敵が攻め込んで前がかりになってくれていると敵陣には大きなスペースが空くためボールを奪取して一気に攻め返すと非常に効果的な攻めができるというわけです。

しかし、カウンターが有効になるのは敵が前がかりに攻めて来ている時です。敵がカウンター狙いで引いて守っている時にはお互いにカウンターを狙ってもゲームが膠着するだけです。

逆にこちらが勝ちに行かなければならない時に、敵が引いて守ってカウンター狙いの戦術を取った時に、敵のカウンターを警戒しつつパスを回してゆっくり攻めたのではなかなか相手を崩すことはできません。

前述したように、サッカーで最も得点の可能性が高いのは敵からボールを奪った直後だと言われています。

そこで、敵が後方でボールを保持している時点で、積極的にボールを奪いに行って、すぐに攻め込むというのがプレッシングの考え方です。

プレッシングは積極的にボールを奪いに行く戦術なので、点を取られなければよいという通常のディフェンスよりもある意味高いディフェンス能力が要求されます。また、うまくボールが奪えない時には通常のディフェンスに切り替えるという柔軟性と、その時々の判断力が要求されます。

前から積極的にボールを奪うためには、ディフェンスラインを上げて全体を押し上げ、ボールを保持している敵の選手の周囲にスペースを与えないようにする必要があります。

この方法のメリットは、ボールを奪った直後に攻め返すことと、攻め込まれる前に敵のゴールに近いところでボールを奪うという二重の意味で有効な攻撃が出来るという点です。さらに、前方で人数をかけてボールを奪うため、そのまま攻撃に人数をかけられるというメリットもあります。

inserted by FC2 system