サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
守→攻の切り替え
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

ポゼッション2

攻守の切り替え(トランジション)という面から見ると、カウンターサッカーとポゼッションサッカーは180度全く正反対の発想と言えます。すなわち、カウンターサッカーでは守から攻への切り替えが重要で、ポゼッションサッカーでは攻から守への切り替えが重要です。カウンターではいかに守から攻への切り替えをスムーズに行えるかが、得点できるかどうかにかかっています。逆にポゼッションでは、ボールを奪われたときにいかにうまくカウンターを抑えて得点を防ぐかが問題となります。

カウンターサッカーでのフォーメーション作りは、まずとにかく点を取られないための守備ブロック作りから始まり、そこからさらにボールを奪ってからいかに効率よくカウンターを繰り出せるかが考えられます。

一方、ポゼッションサッカーでは、ボールを保持しながら相手の守備にほころびを生じさせてそこから攻めるために、まず考えるのはいかにボールを広く動かせるかです。一人ひとりの選手がなるべくたくさんのパスコースを作れるようなフォーメーションが基本です。そこからさらに、ボールを奪われたときに素早くカウンターの芽をつぶせるようなポジショニングの選手が必要になります。ただし、この選手もボールを持っている選手を後方からサポートしつつ、さらにボールを持っている選手からのパスコースの選択肢の一つにもなります。

ボールを奪われた時には、その場からただちにディフェンスを行う必要があるため、高い位置でボールをキープしている時には必然的に高い位置からのディフェンスになります。ただしこれはプレッシングとは全く異なる目的です。プレッシングは積極的に高い位置からボールを奪ってショートカウンターを行うやり方ですが、それとは異なり、高い位置でボールをキープしているので必然的に高い位置からディフェンスを行わないとカウンターの芽をつぶせないからです。要するに失点さえしなければよいので、極端な話、枠にシュートが飛ばなければよいのです。

inserted by FC2 system