サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
守→攻の切り替え
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

ポゼッション

ポゼッションサッカーとは、ボールをキープしながら(ボールポゼッション)守備の体制の整った相手を崩して攻め込む方法です。

少ない人数で攻めて簡単にボールを奪われるよりは、自分たちがボールを支配して容易にボールをとられないように攻め続けるほうが、消耗も少なく試合運びができるというのがポゼッションサッカーの考え方であり、最大の魅力です。

「攻撃は最大の防御」と言われますが、ボールを奪われることがなければ攻め込まれることもないので、90分間ボールをキープし続けられればそれは究極の方法だとも言えます。ボールポゼッションはオフェンスの方法でもあり、ディフェンスの方法でもあるわけです。

しかし現実には90分間ボールをキープし続けるのは不可能です。とくに、敵のゴールに近づけば近づくほど、敵のディフェンスも堅くなるので、ボールを奪われる可能性も高くなります。つまり、点を取りに行けばその分ボールを奪われる可能性も高くなるわけです。

そのため、ポゼッションサッカーにおいても、常にボールを奪われた時のことを考えておく必要があります。

一般に、自陣でボールをキープしている時に奪われることは非常に危険なので、自陣でのボールキープは慎重に行われ、さらに万が一ボールを奪われたときのバックアップについてもプレーヤーは考えていると思いますが、敵のゴール近くまで攻め込んだ時には、ゴールを奪うことに集中するあまり、その時ボールを奪い返されたらどうするかということが頭から抜け落ちてしまいがちです。

カウンターサッカーでは守備陣は攻撃陣にボールをあずけた後は攻撃にかかわることはなく、攻め返されて来る時に備えて守備の陣形を整えておくため、攻守のバランスを保ちやすいですが、ポゼッションサッカーではボールの位置や相手の選手の位置によってポジションが流動的に変化するため、バランスを失う危険を伴います。ポゼッションサッカーではボールを持っている選手の後方にいる選手も攻撃にかかわっており、パスが回ってくる可能性があり、しかもボールが奪われた時には守備に回らなければなりません。このボールを受けるためのポジションとボールを奪われたときにディフェンスに回るための最適なポジションとの間にズレが生じることがバランスを失う原因と考えられます。

inserted by FC2 system