サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
守→攻の切り替え
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

パスとドリブル

プレーを理解しやすくするためにパサー、ドリブラーという言葉がよく使われます。本来ならドリブルもできてパスも出せるのが理想的であり、また実際のところドリブルを全くせずにパスを出すだけ、あるいはパスを一切出さずにドリブルしかしないなどということはありえません。しかしマラドーナのようなスーパープレーヤーは別として、ドリブルが持ち味の選手、パスが上手な選手という風にそれぞれ得意なプレーがあるはずです。

選手は常にボールを持ったら次にどうするかという判断に迫られていますが、その際パスを出してもドリブルしてもどちらでもよい状況というのもあるかもしれません。しかし実際にはドリブルで前へ進んだ方がよいという状況や、逆に持たずに早めにパスを出すべき状況というのも存在します。

一般的にフリーで前へ進むことができる時はパスを出す必要はありません。むしろ進める所までドリブルで進むのがよいと思われます。フォワードの場合はシュートまで持って行けるのであればシュートまで行ってしまいます。自分がフリーでいるということは逆に言えば自分以外の味方はマークが厳しくなっているわけですからそういう状況ではパスも通りにくいはずです。ですからパスを出すのはかえって良くないかもしれません。ドリブルで前へ進んでいくと敵もいつまでもフリーにさせておくはずがないのでやがてディフェンダーが近付いてきます。ディフェンダーを引きつければそれだけ周りの味方がフリーになりやすくなり、パスコースも出てきます。

前へ進める時でもその後行き詰まってしまうのが目に見えている場合は進むべきではありません。例えばボールを奪い取って自分は前へ持って行けてもまだ周囲の上がりが不十分な場合です。不用意にドリブルで上がろうとすると逆にカウンターをくらう危険があります。そのような場合はキープして味方のフォローを待つか、一旦後ろへ落として自分はスペースへ走り込んでからボールを受けなおします。

敵のマークを受けながら、しかもパスコースがないような場合は(そうなる前にダイレクトパスを使うなりなんなりしてボールをまわすのが理想的なのですが)ボールをその場でキープして味方のフォローを待つしかありません。あるいは自陣方向にドリブルして行くとパスコースが開ける事があります。しかも自分のドリブルにあわせて敵のディフェンダーが深追いしてくれるとその裏にスペースが空いてチャンスを作る事ができるかもしれません。

inserted by FC2 system