サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
守→攻の切り替え
守→攻の切り替え その2
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
3人目の動き
3人目の動き その2
3人目の動き その3
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

ナンバ走り4

キックの解説で弓をはじくように体をバネのようにすると書かれた本があります。上図のようなイメージです。モーションが大きく、ボールのコントロールも難しいです。ナンバ的な2軸動作によるキックでは下図のようにパンタグラフが縮むようなイメージになります。動作が読まれにくく、特にシュートの時に有効です。また体力の消耗も少なくなります。


サイドステップも上図のような2軸動作の方が素早く、力を使わずにできます。図の楕円が骨盤で直線が脚です。足が描いてあるのは足が接地している時です。右へターンする時に、左足を左へ踏ん張るのではなく後ろへ出し、右膝を右方向へ出すと骨盤が前へ走る時よりやや大きく右へ回り、体が右方向へ曲がって行きます。このとき体が右下へ落ちていくような、重力で曲がって行くような感覚です。

inserted by FC2 system