サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
守→攻の切り替え
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

ルーズボール

ルーズボール、つまり誰のコントロール下にも入っていない状態のボールを自分のボールにするために敵の選手と競り合うというプレーはよく見られます。競り合う選手同士が、どちらが有利とも言えないような状態の時は、一瞬でも自分が早くボールに触ろうとするためにトップスピードでボールに突っ込んで激しい体のぶつかり合いになったり、激しく体を寄せ合ったり、あるいは一瞬の駆け引きがあったりして、ルーズボールの競り合いを一つの見所ととらえるサッカーファンも多いと思いますが、状況によっては非常に危険なプレーになる場合もあります。審判にとっても一瞬の判断を要求される難しい局面です。

ルーズボールが生じる原因としては、@パスミスやトラップミス Aミスではないがパスを確実につなげられる状況ではないために広いスペースへフィード(クリア)する Bシュートが決まらず、しかもボールが外に出ないでフィールド内に残る、などが考えられます。また、敵が自陣ゴール前に引いているためにスペースが全くなく、ラストパスがつなげないような状況で、ゴール前に放り込まれたボールもある意味ルーズボールと言えます。ルーズボールが生じればそれだけ不確定要素が多くなるので、できるだけルーズボールの生じないサッカーをすることが理想ですが、実際のところ、確実につなげようとするだけでは得点することは難しいのが現実です。そのため一旦意図的にルーズボールを生じさせてそこからショートカウンターのような戦術をとるチームもあります。

一瞬でも早くボールに触れられて、そこでうまくコントロールできることが理想ですが、あるいはうまくコントロールできなくても先にボールを触った方が、状況が有利になることは間違いありません。先にボールに触れたときは、とにかく敵にボールをとられないことが大事です。体を入れてブロックするか、あるいは敵が一直線に突っ込んでくるような時などはちょっとボールを触って動かすだけでもうまく敵をかわせることが往々にしてあります。

敵に遅れをとってしまった時は、状況によってはファールをしてでも敵に自由にさせないことが必要になることもありますが、むやみに突っ込むよりは、少し距離を置いて敵の出足を伺ったほうがよい場合もあります。むやみに突っ込んでスカッとかわされてしまうと非常に危険です。それよりは、かわされないように間合いをとり、もしパスを出されても、パスを出された後もワンツーリターンを警戒しながらマークを続けたほうがよい場合もあります。

inserted by FC2 system