サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
守→攻の切り替え
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

攻守の切り替わり

前述したように、攻守のバランスを保つ目的は数的不利な状況を作らないようにすることにあるわけですが、特にバランスが崩れやすい状況でいかにそれを防いで数的不利を作らないようにするかということが重要です。そして最もバランスが崩れやすい状況とは攻守が切り替わる時です。

1)ゲームの流れの中で攻撃から守備に切り替わったときに守備の人数が不足すると押し込まれて危険な状況を招くことになります。
2)ゲームの流れの中で守備から攻撃に切り替わったときに攻撃の人数が不足するとすぐにボールをとりかえされて効果的な攻撃を継続させることができなくなります。

1)敵にボールを奪われ、攻撃から守備に切り替わった時すぐにボールにチャージできる選手が一人必要です。その選手は味方が攻撃している時点からボールが奪われたらすぐにボールにチャージできるように、備えておく必要があります。その選手はチームで一人だけ決めておく方法もありますが、ボールの位置によって何人かの選手にその役割を与える方が効率的です。しかしどの時点で誰がその役割を担うかを明確にしておかないと、誰もボールに行かないという状況を招く危険があります。通常この役割は主にボランチが中心となります。最初にボールにチャージする選手はボールをそこで奪い取るのが理想でしょうが、不用意なアタックでかわされると致命的になるのでまずは効果的なパスを出されないようにパスコースをカットするのが最低限必要な仕事です。そうすることでパスを受けようと待っている前線の選手が生きなくなるので相手の有効な人数を減らすことができ、数的不利をなくし、敵の攻撃を遅らせることができます。

2)味方がボールを奪い取り、その後攻撃を展開していくためにはパスコースが2つは必要です。かわりにドリブルするスペースがあればパスコースは1つでもよいかもしれませんが、要するに選択肢が2つは必要だということです。選択肢が一つしかないと敵の守備も集中してしまいます。そして必ずしもドリブルできるとは限らないので、確実につなげるためにはパスの受け手が2人必要だということです。この2人は守備の段階から攻撃に切り替わった後の展開を考えておいて、ボールが味方に渡った時にパスを出しやすい位置にポジショニングする必要があります。この2人もチームで固定するやり方もありますが、ボールの位置によってその役割を担う選手が切り替わるというやりかたの方が効率的です。ただし、その場合にも役割の受け渡しを確実に行わないと、誰がマークに行って、誰がフリーで動くかがあいまいになり、不用意にマークをはずしてしまう危険があります。

inserted by FC2 system