サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
攻守の切り替え
守→攻の切り替え
守→攻の切り替え その2
攻→守の切り替え
攻守の切り替わり
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
3人目の動き
3人目の動き その2
3人目の動き その3
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

攻守の切り替え

攻撃の途中でボールを奪われて守備に切り替わった時、そこから守備を整え始めるのでは守備が追いつかず、カウンターで失点する危険があるため、攻撃中にも守備を意識しておく必要があります。

ボールを奪われたときに危険なカウンターを阻止するためには、攻撃時にアタッカーの後ろで常に数的有意を保って相手にスペースを与えておかないようにすることが理想です。そのためのもっとも手堅い方法としては、攻撃には少ない人数でひたすらカウンターのみ行うというやり方が考えられます。後方に2列の守備陣系を保ちつつ、ボールを奪ったら前線の2人ないし3人で攻撃を行います。これは攻撃に人数をかけないという点で守備的な戦術ともいえます。少ない人数で数的不利な状況で攻撃を仕掛けなければならないので、一気に相手のディフェンスの裏を突く必要があります。また、相手が前がかりになっていて、裏にスペースが開いている必要があり、相手も同じ守備的な戦術で来た場合には、有効な攻撃ができなくなってしまいます。

そのような守備的な方法よりももっと攻撃に人数をかけるためには、後方の守備陣を攻撃に参加させ、攻撃の人数を増やすしかありません。その場合の守備陣の攻撃参加は、単に守備を捨てて攻撃参加してまうのでは、カウンターの対策が全く出来なくなってしまいます。守備陣が攻撃に参加しつつ守備のバランスを崩さないようにするためには、守備ラインを高く保って前線から守備ラインまでの距離をつめて、守備陣と前線とのパス交換を可能にすることが必要です。

守備ラインを高く保つことの利点は、そのように攻撃に人数をかけることが出来る事に加えて、高い位置でボールを奪うことができるため、攻撃に長い距離を走る必要がなくなるのと、ショートカウンターで時間をかけずにフィニッシュまで持って行くかあるいはボールを保持しながらゆっくりと攻めるか等攻撃のバリエーションが増えることです。

逆に、守備ラインを高く保つことの問題は、後方に大きなスペースが開いてしまうため、裏にパスを通される危険が高くなることです。その対策としては、@ゴールキーパーの守備範囲を広くして、裏を狙うパスに対応する、A相手の前線の選手に裏へタイミングよく飛び出されないようにディフェンスラインをしっかりフラットに保ってラインコントロールを行う、B裏へ正確なパスを出されないようにボールを奪われたらただちにプレッシャーをかけに行くなどが必要です。

inserted by FC2 system