サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
守→攻の切り替え
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

攻守の切り替え

攻撃から守備に切り替わった時点で守備を整え始めていたのでは素早い攻守の切り替えはできません。現代サッカーでは攻撃中にも守備を意識しており、ボールを奪われた時点で守備の体制が整っていることが要求されます。それを実現するために大きく分けて次の二つの方法が考えられます。
 1)ラインを高く保ったまま、守備に切り替わったらその位置からただちにプレッシャーをかける=プレッシングサッカー
 2)攻撃には人数をかけないで、ディフェンダーは攻撃参加せず常に守備の体制を整えておく=カウンターサッカー

1)プレッシングサッカー
ボールを奪われたら、ただちにそこからなるべく近い位置でプレッシャーをかけて積極的にボールを奪いに行く方法です。たいていの場合はボールを奪われた選手はすでに置き去りにされてしまっています。もちろんその選手も後ろからボールを追いかけることが必要ですが、それよりも後方の選手がチェックに行く必要があります。その役割を一番担っているのはディフェンシブハーフ、いわゆるボランチです。しかしボランチの選手だけではその仕事はまかなえないので、他の選手もそういった役割を担う必要があります。さらに、プレッシングを行うためにはディフェンスラインを押し上げて、選手間の距離を短くして全体をコンパクトにする必要があります。特にボランチとディフェンスラインの間にスペースを作ることは非常に危険です。

2)カウンターサッカー
プレッシングがうまく機能しない時、無理にプレッシングを続けてもディフェンスラインは後退して行くことになります。またプレッシングを90分やり通すことは困難です。そのような場合意識的に後退してカウンターサッカーに切り替えるのも一つの方法です。この場合ボールを奪われた時にも無理にチェックには行きません。しかし、守備陣形はそれよりも後方で既に整っているため敵のカウンターには充分対処できます。なぜ後方なのかと言うと、守備陣形が高い位置にあると裏に大きなスペースができ、裏にボールを出されやすくなってしまうからです。プレッシングサッカーにおいてはコンパクトなゾーンの中で攻撃と守備が同時に行われるのに対し、カウンターサッカーでは攻撃のゾーンと守備のゾーンは分かれていてなおかつ守備陣が下がっているため攻撃陣がカバーするゾーンが広くなっています。

inserted by FC2 system