サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

コースの限定とボール奪取

極端な話をすれば、枠にシュートを打たせなければ、さらに言えば枠に飛んでもキーパーが止めれば失点することはないので、理屈の上ではシュートコースさえふさいでおけば失点は防げます。実際、ディフェンスにおいてはまずコースをカットすることの方がボールを奪取することよりも優先事項となります。

また、ディフェンスにおいて、コースの限定とボール奪取とは、区別して考える必要があります。なぜなら、コースの限定とボール奪取とではディフェンスの間合いが異なるからです。ボール奪取を行うためにはボールに触れる距離までしっかりと距離をつめる必要があります。また、相手の持っているボールの位置によっては本来コースカットのためにとるべきポジショニングとは異なるところへ体を寄せなければならず、そこでボールを奪えないとカットしていなかったコースへ危険なパスを通されたりドリブルで行かれたりしてしまう危険があります。同様に、インターセプトを狙いに行ってもボールを奪えずにパスが通ってしまえばそこから攻め込まれる危険性が高まります。つまりディフェンスにおいても積極的にボールを奪いに行くような、いわゆる攻撃的なディフェンスはコースを限定するディフェンスよりもリスクの高いディフェンスと言えます。よくディフェンスで「軽く行くな」と言われるのはこのことです。ボールをとりに行くのが必ずしも軽いとは言えませんが、リスクを充分頭に入れておかないでボールをとりに行った結果スカッとかわされてしまったのではやはり軽いプレーということになってしまいます。

しかし、いつまでも相手にボールを持たせていたのでは得点する事は不可能です。また、ボールをとりに行く姿勢が全くないのでは、相手に楽にボールをキープされてしまうため、コースを限定することすら難しくなってしまいます。常に相手にスキがあればいつでもボール奪いに行く姿勢を見せることも必要です。

とは言っても、やはり相手に充分なスペースがあってパスコースもいくつもあるような状況でボールを奪う事は不可能です。ですから、まずは危険なエリアにボールが運ばれないようにコースを限定するディフェンスを行い、さらに敵が攻撃の展開をしにくく、味方の数的有利になる場所へうまく追い込んで行きます。そのためにはディフェンスが連携して、敵をどこへ追い込んで行き、どこでボールを奪いに行くのかというプランを持ってディフェンスを行う必要があります。

inserted by FC2 system