サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
守→攻の切り替え
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

ディフェンスの考え方

ディフェンスは、とにかく敵からボールを奪うことだというように単純に考えていると、実際のディフェンスの時にどう動けばいいのかなかなか理解できず、ただ漫然とプレーした結果徐々に押し込まれ、最後は失点することになります。

そこでディフェンスのプレーを理解するためには二段階に分けて考える必要があります。すなわち、第一段階として、敵が支配するボールをルーズボールにする。次に第二段階としてルーズボールを味方の支配にする。この二段階です(その前段階としてディレイがありますが、今回の話とは別の次元の話なのであえて省きました)。

第一段階のプレーとは、より具体的には要するに敵とボールとの間に自分の体を入れることです。この際露骨に体で敵の選手の動きを妨げるとオブストラクションをとられるので、あくまでボールを追いかける結果として敵とボールの間に体を入れたということにしなければなりません。しかしこのときはとにかくルーズボールにすればいいので、体をいれた選手がボールをキープする必要はありません。

第一段階が実行されたら次に第二段階のプレーを行います。つまり、ルーズボールを今度は自分たちが支配するようにキープします。第一段階で体を入れた選手がそのままキープできなければ、別の選手がキープしに行きます。もしスムーズにボールをキープするまでに至らなければ、とりあえずルーズボールの状態が維持されるようにします。せっかくルーズボールになったのに、また敵にボールを奪われてしまうのは最悪なので、無理にボールをキープしようとはせず、とにかく敵とボールとの間に体を入れ、敵にキープされる事だけは避け、味方のフォローを待つようにします。

要するに最初からボールを奪う事を考えてディフェンスしようと不用意に足を出したり、ボールにばかり気をとられるとスカッと抜かれてしまうことがよくあります。最初はボールと敵の選手との位置関係を把握し、その位置関係がどのように変化していくかを予測して敵の選手とボールとの間に体を入れることが大切です。

inserted by FC2 system