サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
守→攻の切り替え
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

ディフェンスのポジショニング

ディフェンスの際、敵をマークするときのポジショニングは、敵と自陣のゴールとの間に立つのが基本ですが、自分がマークしている選手の動きや、敵のボールを持っている選手の動きにも注意を払う必要があるため、それに応じて位置を少しずつ修正する必要があります。

上図のAの選手に注目します。中央でBの選手をマークしていて、サイドではAの選手がボールを持っていて、味方のBの選手がマークしています。この時Aの選手は、自分のマークしているBの選手と、ボールを持っているAの選手がこの後どういう動きをするか注意していかなければなりません。

もしAの選手がAからBへのパスを先に触ってパスカットしようとポジションをA寄りにしてしまうと、BAの背後から裏へ回ってパスを容易に受けることができてしまうかもしれません。

逆にAは自分の裏をとられるのを警戒して後ろへポジションを取ってしまうと、Bにニアサイドへ走り込まれてAから決定的なパスを通されてしまうかもしれません。

inserted by FC2 system