サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
攻守の切り替え
守→攻の切り替え
守→攻の切り替え その2
攻→守の切り替え
攻守の切り替わり
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
3人目の動き
3人目の動き その2
3人目の動き その3
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

ラインを下げすぎるな

ディフェンスラインを高く保って、高い位置からボールを奪い取って攻撃につなげるという戦術は今やもっとも一般的な戦術になっています。

しかしディフェンスラインを高く保ち続けることが必ずしもベストな戦術ではないということは前述しました。ディフェンスラインを高く保つためには、その裏の広いスペースを自由に使われないようにする必要があり、そのためにはボール支配率を極限まで高めるか、あるいは支配できない場合でも常にプレッシャーをかけて、相手がボールを自由に支配することを阻止しなければなりません。

ディフェンスラインをある程度下げることで、裏のスペースを狭めれば、敵にとっては裏のスペースの利用は難しくなります。狭くなればなるほどより正確な位置へ正確なタイミングでパスを出さなければうまくパスが通らなくなります。

しかし、それならば裏のスペースを完全に無くすためにディフェンスをドン引きにしてしまえば良いかというと、そうではありません。別の問題が生じてきます。

一つは、偶発的なゴールが生まれる確率が高まります。ラインが下がりきっていればオフサイドの心配がないため、フォワードはゴール前でボールが来るのを待ち構えることができます。そこにボールが放り込まれて混戦になったとします。ゴール前の混戦ではどんなに優秀なディフェンダーでもボールの成り行きを完全に予測することは不可能です。フォワードの目の前にたまたまボールが転がってきて反射的に足を出してゴールに結びつくなんていうプレーはよく見られます。

また、ヘディングシュートはどうしてもキックに比べてボールの勢いが劣るため、ディフェンスラインが高い時にはヘディングでゴールを奪うことは難しくなります。しかし、ディフェンスが下がりきっていれば、ヘディングの打点がディフェンダーと同程度に高い選手がゴール前に二人もいれば充分です。そこへロビングを放り込むことでかなりの高確率でゴールが奪えます。

inserted by FC2 system