サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

ディフェンスラインの位置

ディフェンスラインを上げることはコンパクトな陣形を保つために重要な戦術です。しかし、90分間ずっとラインを高く保ち続けることはよほど実力の劣る相手と戦わない限りはほとんど不可能です。ワールドカップフランス大会でもクロアチアのように低いラインを保ちながらカウンターで攻めるチームが好成績を収めているように、必ずしもラインを高く保つ必要はないようです。ではよく言われる「ラインが下がってしまったために守備が崩れてしまったことが敗因」というのはどういう状況を示しているのでしょうか。

上の図は左右ともディフェンスラインがほぼ同じ高さに位置しており、トップの選手が敵陣深い位置に残っていますが、右のようにディフェンスラインの前でスペースを与えなければそう簡単には裏をとられたり中央突破される心配もありません。一方、左の図のようにディフェンスラインの前方にスペースが出来ていると非常に危険な状態に陥ります。

inserted by FC2 system