サッカーの戦術・技術を考えるサイト>
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
守→攻の切り替え
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

コンパクトな守りとワイドな攻め

ディフェンスはコンパクトに、オフェンスはワイドにというのが理想です。

ディフェンス(守り)の状態では、ボールの行方をコントロールするのは敵の選手です。これを自由にコントロールさせないようにするためには敵に判断をする時間とボールをコントロールするスペースを与えないことが必要です。最もスペースを与えてはいけないのはボールを持っている選手とその近くにいる選手です。ボールを持っている選手から距離が離れるほどパスの精度が下がるのとボールが渡るまでの時間差があるので、ある程度スペースを与えても危険は少なくなります。そのため、ディフェンスのフォーメーションはボールの周囲で選手の密度をもっとも高くコンパクトにして、ボールから離れるに従い密度を下げていくのが理想です。

逆にオフェンス(攻め)の状態では、ボールの行方をコントロールするのは味方の選手です。ボールのコントロールを確実に行うためにはスペースを作ってそこへボールを持って行きたいところです。スペースを作るためには大きく展開して敵のマークを分散させる必要があります。敵が上記のような理想的な陣形を整えてボールを持った味方が囲い込まれてしまうと攻撃を継続することが困難になるため、そうなる前に大きく展開したいところです。一度大きく展開すればそこから完全に囲い込まれるまでに時間的な余裕ができるため、次の攻撃の展開へと持っていくことができます。

しかし、ここで攻守が切り替わるときの問題が生じます。攻撃でワイドな陣形を作ると急に守備に切り替わったときに理想的な守備陣形からは程遠い状況になります。逆に守備から攻撃へと切り替わるときにもワイドな陣形を整えるために時間を要します。そのため攻撃と守備が切り替わることも念頭において、攻守の折り合いをつけてフォーメーションを考える必要があります。

inserted by FC2 system