サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
守→攻の切り替え
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

コースの限定

ディフェンスの際、ボール保持者と1対1で対峙している状況では、ボール保持者のパスやドリブルのコースを限定させることの出来る範囲は非常に限られてしまいます。

図のような状況でAがボール保持者であるAのパスやドリブルのコースを限定できる範囲は三角形で示したあたりと考えられます。この時Bはその三角形内に位置しているため、あまり有効でないポジション取りをしているということになります。このままだとBへパスが出されると予測されます。


一つの方法として、BBをマークすることが考えられますが、AA一人でマークするのでは限定できるコースが限られるため、Aがボールを動かしてパスコースを作る事も、またBCがマークをはずす動きをしてAからBまたはCへパスを通す事も比較的容易です。そこからさらにワンツーを狙われたりして崩される可能性が高くなります。

コースの限定 2 へ

inserted by FC2 system