サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
守→攻の切り替え
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

後方からのサポート

前線でボールを持っている選手を後方からサポートする選手のポジショニングについて考えてみます。

Bの選手のポジショニングについて考えます。図のようにAの選手がボールを持って敵の選手と対峙しており、右手前にもう一人敵の選手がいる時、Bはどの位置にいるのがよいでしょうか。もしこの図のように右の選手を全くフリーにしてしまっていると、もしAがボールを奪われると、非常に不利な状況に追い込まれてしまいます。もしすぐに右手前の選手にパスが出されると、ボールが渡ってからBが詰めて行ったのでは遅すぎます。あるいはボールを奪った選手がそのままドリブルで来た場合も、完全に1対2になってしまい、ボールへ詰めて行く前に右手前の選手にパスが出されてしまうでしょう。

図のように右の選手に密着マークすれば、ボールを奪われたときに右の選手にボールが渡ることはないですが、ボールを奪った選手がそのままドリブルして来た時の対応は難しくなります。そもそも、味方がボールを持っている時にまで敵に密着マークするのは現実的な方法ではありません。Bが攻撃に参加できなくなってしまいます。

そのためBはパスをもらえる位置でなおかつボールを奪われてしまった時に対処できるという2点を考慮したベストなポジションを考える必要があります。その際重要なのはAとの位置関係やAとの距離ですが、それにはA以外の選手(敵味方を含めて)の位置も影響します。この図はあくまで一例に過ぎませんが、敵の位置を視野に入れつつ、パスの受け手にもなれるポジションを考える必要があります。

あるいは、むしろ、より攻撃的なポジション取りをすることによってAのパスを受けたり敵のマークをひきつけたりするという選択肢もあります。

inserted by FC2 system