サッカーの戦術・技術を考えるサイト
strategies and tactics for playing football
HOME

攻守
守→攻の切り替え
攻守の切り替え
攻守の切り替わり
攻守のバランス
攻守の人数のバランス
コンパクトな守りとワイドな攻め
ワイドな攻めとコンパクトな守り
サイド攻撃とディフェンス1
サイド攻撃とディフェンス2
サイド攻撃とディフェンス3
カウンター
プレッシング
プレッシング その2
ポゼッションサッカー
ポゼッションサッカー2

攻め
攻撃の展開
パスとドリブル
ロングパスとショートパス
フォワード
ボールの奪われ方

守り
ディフェンスラインの位置
ラインを下げすぎるな
体を入れるディフェンス
マンツーマンとゾーン
コースの限定
コースの限定 2
ディフェンスのポジショニング
ディフェンスのポジショニング2
コースの限定とボール奪取

局面
2対2
2対2 その2
後方からのサポート
ルーズボール

個人技
トラップ
トラップその2
ナンバ走り1
ナンバ走り2
ナンバ走り3
ナンバ走り4
ディフェンスの考え方

ブログ

Soccer Review

2対2

ゴールを使った2対2はよく行われる練習方法です。その練習から2対2での選手の動きについて考えてみたいと思います。

図のようにオフェンス2人(赤)とディフェンス2人(青)にわかれ、オフェンスがディフェンスにボール(黒)をカットされるまでゴールに向かって攻め続けます。まずディフェンスの立場で考えてみます。

ワンサイドカットと言って、基本的にディフェンスは左右どちらか一方のサイドを決めてそちら側にはボールを出させないようにします。大抵はゴールから遠ざかるように内側のサイドからつめていきますが、必ずしもそうではなく、後ろのプレーヤーが前のプレーヤーにどちらのサイドから行くのかを指示します。図のようにAからBにボールが渡り、ワンツーで前に走り込んだAにボールが出るとたちまち突破されてしまいます。これを防ぐにはまず理想的にはCがAに向かって右からつめて行ってAからBへのパスを出させないようにするわけですが、実際にはBへパスを出されるよりもAにドリブルで突破される方が危険なので、ここではBへのパスは出させておいて、次のBからAへのリターンを警戒するようにします。AからBへパスが出されたとき、二つの選択肢があります。一つはCがボールを追ってBをマークし、DがAをマークする方法です。もう一つはCがそのままAをマークし、DはBへの距離をつめて行く方法です。この場合CとDが前後に入れ替わるときにいわゆる門になるため注意が必要です。いずれの場合もCはBからAへのパスコース上にポジション取りをしてパスを出させないようにすることが大切です。

CがAからBへのパスを警戒してパスコースに寄り過ぎたために外からドリブルで突破されてしまった場合はDがAに詰めて行かなければならなくなります。ここでCとD両方ともAについてしまうとBが完全にフリーになり、そこへボールを出されると致命的になってしまうため、この場合CはBをマークしに行きます。

inserted by FC2 system